規則改正|競技規則改正及び世界的試験実施ルールについて

先般開催されたワールドラグビー理事会にて、以下の競技規則の条文改正、および、世界的試験実施ルールが承認されました

【規則改正】競技規則改正および世界的試験実施ルールについて

先般開催されたワールドラグビー理事会にて、以下の競技規則の条文改正、および、世界的試験実施ルールが承認されました。

競技規則の改正
(a) 競技規則18.8
世界的試験実施ルールの「50:22」を正式に競技規則化する
(b) 競技規則第12 条、および、21.3
ゴールラインドロップアウトの世界的試験実施ルールを正式に競技規則化する
(c) 競技規則9.22
フライングウェッジに対する制裁を正式に競技規則化する
(d) 競技規則9.20
ジャッカラーの安全に関する世界的試験実施ルールを正式に競技規則化する
(e) 単独のプレーヤーによるラッチングに関する競技規則をファーストアライビングプレーヤーのものに従って適用する
(f) 競技規則の明確化および軽微な変更を正式に競技規則化する
(g) 競技規則の適用ガイドラインによって、サイドエントリーの違反により徹底的な焦点をあてるものとする
※ (f)および(g)の詳細については、添付を参照。

改正施行日: 2022 年7 月1 日/2022 年7 月1 日以前に始まっている大会については、当該大会が終了するま
で、そのまま現行の競技規則のもとで行ってよい。

世界的試験実施ルール
(a) ブレーキフットの世界的試験実施ルールを採用する
(b) メディカル、テクニカルゾーン、および、ウォーターキャリアーのプロトコルを改正し、世界的試験実施ルールとする
(c) TMO プロトコルを改正し、世界的試験実施ルールとして採用する
※ (a)および(b)の詳細については、添付を参照。

実施開始日: 2022 年7 月1 日/2022 年7 月1 日以前に始まっている大会については、当該大会が終了するま
で、そのまま現行の競技規則のもとで行ってよい。

競技規則改正および世界的試験実施ルール詳細